大成功!子どもよろこぶ「おうち縁日」
中野のDIY 2

すべてのコンテンツ

焼きそば焼きトウモロコシりんご飴たこ焼き
今年は祭りの屋台で何食べよう?

子どもたちには浴衣を着せてお面を買ってあげて、ヨーヨーすくいを一緒にやりたい!
それから、それから。。。

皆さま、こんにちは。
アフターメンテナンス担当の中野です。

地域のお祭りや屋台、花火は夏の風物詩
毎年楽しみにしている方は多いのではないでしょうか?

でも、昨年に続き今年もコロナ禍で外出しづらいですし
夏のイベントが自粛や中止になるところが多いですね。

どこにも出かけられないなら、せめて屋台の雰囲気を子どもたちに体験させてあげたい。
あの「特別感」を少しでも再現したい!!

そこで我が家ではおうち縁日をやってみたのですが、これが家族に受け、大成功でした。

そこで前回に引き続き、我が家の縁日のようすをご紹介したいと思います。

今回はどのような出し物を準備し、飾りつけをしたのかに焦点を絞ってみました。

キャンプ用品のほかはインターネット通販やホームセンターで安くそろえたり、家庭にすでにあるものなどを使ったりして雰囲気を出しました。

読者の皆さまでも再現性が高いかもしれないと思っています。

私のチャレンジやアイデアが皆さまのご参考になればうれしいです。

1回目のブログは↓のタイトルからお進みください。

おうち縁日を楽しもう! アフターメンテナンス・中野の本気DIY 1

まずは出し物です。
我が家では、屋台に定番の次の5つを準備しました。

ヨーヨー釣り
スーパーボールすくい
射的
輪投げ
お面

順にご説明いたします。

まず水を使うヨーヨー釣りスーパーボールすくいは、家庭用のプールを使うことにしました。

インターネットや100円均一で買ったボールや水風船を浮かべれば、完成です。

写真はないのですが、金魚すくいのすくうやつもネットで買って用意しました。すぐに破れてしまうあれです。


一通り楽しんだ後はプールに早変わり
子どもたちは浴衣や甚兵衛から水着に着替えてすぐ楽しめるので、一石二鳥です。

ご自宅に子供用プールがあれば、水に浮くおもちゃや水風船などを写真のように用意すればにぎやかですし、お子さまが喜ぶこと間違いなしです。

私たちもプールに足をつけて涼んだり外で屋台ご飯を食べたりと楽しめますし、思っていた以上に非日常感を味わえました。

ちなみになのですが、娘、息子の浴衣や甚平は、シーズン終わりで安くなったものを昨年、1000円以下で買ったものです


射的輪投げは、前回のブログでご紹介したように、
ホームセンターで買ってきた木材でDIYしました。

輪投げの輪は家にあったものをそのまま使いました。

射的の輪ゴム銃だけはキャンプ場で400円で買ったものを使ったので、市販されているかどうかはわからないです。ごめんなさい。

次はお面です。

写真がぶれていて見づらく、申し訳ありません。

お隣のおうちと我が家を区切る柵に園芸用の柵を立てかけ、そこに手作りのお面を貼り付けました。


お面はアンパンマンやマリオのキャラクターでにぎやかにし、ひまわりの造花を飾り付けて夏らしくしてみました。頭にはめる輪の部分も手作りです。



実は昨年、同じようにおうち縁日をしたのですが、その時気になったのが足元でした。

キャンプ用シートを敷いたのですが、日陰であってもコンクリートからの熱を感じてしまいます。

さらに、子どもたちはすぐに地べたに座ってしまいがちです。

シートを敷いていないむき出しのコンクリートでは固いし、シートを敷いていないところに座るとお尻の部分が汚れてしまいます。見ていて良いものではありませんでした。

そこで、ホームセンターで買った人工芝を敷き詰めてみました。メーター売りで思いのほかお手頃だったので、たくさん買って敷き詰めました。


意外と肌触りが気持ちよく、素足でも歩き回っても汚れませんし快適でしたのでお勧めです。

使い終わったあとはくるくる巻いて片付ければいいので手間もかかりませんし、簡単です。


保管する場所が必要ですが、巻けばそれほど場所を取らなそうだったので、我が家では問題なかったです。


最後は雰囲気づくりです。

キャンプ用テントにインターネット通販で買った提灯を飾り付け、すだれを使って「らしさ」を出してみました。


上の写真は、前回のブログでお見せした全景写真の、ちょうど反対側から写したものです。

お隣との境にある柵に括り付けたすだれも夏らしくていい雰囲気です。

あとはお祭や縁日りっぽい音楽を流せば完成です。

我が家では私が以前バンドをやっていたことからスピーカーがあり、それを引っ張り出しましたが、スマホやラップトップのパソコンで流しても良いと思います。


最初は一日だけのつもりでしたが、子どもたちがはしゃぐ様子を妻と一緒に見ていると、「一日だけやるのはもったいない」と思ってしまいました。

この後数日、長雨が来るまで楽しみました。

読んでくださってありがとうございました。
次回はおうち縁日で用意した食べ物をご紹介いたします。

おうち縁日を楽しもう! アフターメンテナンス・中野の本気DIY 1はこちらをクリックしてください。