高浜市、碧南市、西尾市、刈谷市、安城市、知立市、幸田町で土地をお探しの方。家づくりで頼れる工務店をお探しの方。ハウスジャパンにお任せください。

  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • tel:0120-92-0086

建てる家は地震に強い家です

大切な家族を守るために耐震等級最高レベルの「耐震等級3」

世界でも有数の地震多発国の日本。
その中でも特に、私たちの住むこの愛知県西三河地方は過去に
何度も巨大地震に見舞われています
そのような特色ある地域で家づくりをさせていただいている
当社にとって、地震に強く安心して暮らすことのできる家づくりは、
私たちの使命
だと考えています。
そこで、私たちハウスジャパンの建てる家は、
全て耐震等級の最高レベルである
「耐震等級3」を実現しています。

地震に強い事を証明する「耐震等級」とは?

建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、
この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。
「耐震等級3」は、国土交通省が定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です

では、なぜそこまで耐震等級3にこだわるのか?というお話をさせていただきます。
建築基準法に定められた耐震強度「耐震等級1」を守って建てた木造住宅でも、
阪神・淡路大震災クラスの地震で倒壊する恐れがあることが、国土交通、経済産業両省の外郭団体、(財)建材試験センターに設けられた「木質構造建築物の振動試験研究会」の実験でわかりました。
この結果から、大切な家族を守るための家には「耐震等級3」が必要であるとハウスジャパンは考えています。

ハウスジャパンはスーパーストロング構造体で全棟「耐震等級3」を実現しています

「耐震等級3」を実現する耐震構造

水平方向の揺れに強い剛床工法

「剛床工法」とは、根太を設けず床下地合板を厚くして、直接梁材に留め付ける床組み工法で、
木造軸組工法で一般的な「根太床工法」に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強い造りです。
床の強度が壁面に伝わり、家全体で地震に耐える構造で家屋のねじれを防止し
耐震性や耐風性、耐火性能に優れた効果を発揮します。

  • 建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定(※)です。
    ※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

  • スーパーストロング構造体の家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

地震や火事に強い耐力面材「モイス」を採用

地震や火事に強い耐力面材「モイス」を採用

壁倍率の数値が高いと、同じ壁面積で耐え得る力が強いことになります。

壁面が一体となり、力が分散されるので、地震に強く、しっかり受け止めます

壁面が一体となり、力が分散されるので、地震に強く、しっかり受け止めます。

万が一、スーパーストロング構造体で建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。
耐震性能に自信があるからこそ、
しっかりと補償させていただきます。

耐震補償の期間
耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

公正で安心出来る、3つの検査・補償機構

21世紀住宅研究所が行う確かな構造設計検査等建てる前に地盤を調査/地盤保証付き
公正中立な第三者機関が建築中の現場を検査/住宅瑕疵担保責任保険加入(JIO)

現地検査3回

住宅瑕疵担保責任保険法人によって、工事期間中、
「基礎配筋検査」「構造体検査」「外装下地検査」を行います。

さらに安心の保証付き 地盤保証システム

軟弱地盤から起きる不同沈下

家を建てた土地が軟弱地盤や埋立地等の場合、 地盤が家の重さに耐えられずに不均等に沈下して、四方の沈下量に差が生じることを不同沈下と言います。

地盤調査データに基づき、JHSが判定をした基礎仕様に則った施工がされ、JHSの品質基準に適合していると判断できた場合に、その旨を保証します。

水平長に対し、5/1000以上の不同沈下が起きた場合、不同沈下に起因する建物の損害等を10年間、5000万円を限度として工務店様へ対応をします。

(JHSは大手損保会社と保険契約をしております。
保証書は登録工務店様に対して発行しております。)

  • 不明瞭なお金の話もしっかりご説明します
  • お客様と一緒に土地を探します
  • お客様の理想の暮らしを叶えます
  • 長く住んでいただくためのアフターフォロー体制
  • 建てる家は地震に強い家です
土地探しを依頼する

土地探しからあなたの理想の家づくりをトータルサポート

tel:0120-92-0086

  • 資料請求
  • お問い合わせ

PAGE TOP