SEISMIC PERFORMANCE

災害に負けない性能

大切な家族を守るために
ハウスジャパンの家の強さには
理由があります

世界でも有数の地震多発国の日本。その中でも私たちの住むこの愛知県西三河地方は過去に何度も巨大地震に見舞われています。そのような特色ある地域で事業を展開している当社にとって、地震に強く安心して暮らすことのできる家づくりは、私たちの使命だと考えています。

ハウスジャパンの建てる家は、耐震等級の最高レベル「耐震等級3」を実現しています。

  

ハウスジャパンの家は「耐震等級3」

「耐震等級3」とは耐震性能の最高等級です。

耐震等級は、地震に対する建物の強さを表しています。

基準になるのは「耐震等級1」ですが、阪神・淡路大震災クラスの地震で倒壊する可能性があると分かっています。

当社が「耐震等級3」にこだわるのは、阪神・淡路大震災の破壊力を上回った熊本地震でも、この認定を受けた木造住宅のほとんどが無被害だったからです。

さらに、「耐震等級3」の認定を受けると、地震保険の保険料が優遇されます。

大切な家族を守るための家には「耐震等級1」を超えた「耐震等級3」が必要であるとハウスジャパンは考えています。

※住宅のイラストはイメージです。

+「制震」で、安心・安全な住まいを、お手軽に。

MAMORY【マモリー】が提案する新しい地震対策
揺れを「制御する」地震対策

地震時の振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換する、高減衰ゴムの性能を利用した住友ゴム工業のMAMORY。
地震の揺れを吸収、放熱し、さらに繰り返し発生する地震にも効果を発揮。大切な住まいと皆様の生活を守る制震装置です。

耐震

構造躯体へのダメージが大きく、余震や別の地震の際に本来の性能が発揮できない可能性があります。

制震【MAMORY】

地震エネルギーを吸収し建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。

制震効果のメカニズム

特殊高減衰ゴムが地震から住まいを守ります。

同じ高さから一般的なゴムのボールと、高減衰ゴムのボールを落としてみると、一般的なゴムのボールは良く跳ねるのに、高減衰ゴムのボールは全く跳ねません。

高減衰ゴムが、運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、吸収していることがわかります。放熱時は発火温度まで至らず、安心です。

これによってどのような地震にも強い「制震」を実現することができます。

実験にて効果を実証

京都大学防災研究所において、実大実験を行いました。

熊本地震前震級の地震波と、本震級の地震波を2回加えても、MAMORYを装着した試験体は倒壊しないことを実証しました。

住友ゴム工業の2017年の実大実験の結果によるものであり、建物形状・配置プラン・地震波によって異なります。(実大実験の様子→)

※1階の床と真上の床(2階の床)との水平方向における変化量

高い設計自由度

構造用面材及び筋交いとの併設が可能。それにより住宅のデザインや間取りなど、設計の自由度を損なうことなく設置が可能です。

メンテナンスフリー

内蔵されている高減衰ゴムは、住友ゴム工業の試験結果から、60年経過しても性能がほとんど変わらず、効果を発揮することを確認しています。

部品の交換や点検などのメンテナンスも必要ありません。

災害に「いつまでもずっと」強い材質
外壁下地用耐力面材「タイガーEXハイパー」

ずっと続く耐震性能・透湿性

タイガーEXハイパーは壁全体で力を受け止めるため、地震や台風にかなり強いです。耐震性は勿論ですが、何より透湿性能が他の材質よりも高いという特徴があります。
壁の中の結露はお家をダメにします。結露から腐朽菌(カビ)が発生して木を腐らせたり、シロアリを呼ぶ事に繋がります。
どんなに耐震等級が高く耐震性があったとしても、構造が腐ったりシロアリに食べられてしまっては、本来の性能が発揮できません。
透湿性能が高いタイガーEXハイパーは万が一、壁の中で湿気をもったり結露した際にも、湿気を逃がすことが出来るため、いつまでも強い耐震性能を維持できます。

扱いやすい汎用性

タイガーEXハイパーは膨張・収縮などの寸法変化が小さいため、施工後の不具合が生じにくい特徴があります。
その為、室内に開口部やニッチを設けるなど、自由にアレンジが可能です。
小屋裏などの手間のかかる内装材を省略できます。

業界トップクラスのすぐれた耐火性能

タイガーEXハイパーは木質系耐力面材と比べ、火に強く、燃えない建材です。
万が一の近隣の火災発生時には、炎から、内側の柱やはりを守ってくれるので燃え広がりを防ぎ、安全に避難できる時間を確保することができます。
また、風などによる近隣からの貰い火でも、燃え移る可能性が低くなります。

湿気を逃がし長持ちする家づくり

地震・風・火災に強い「スーパーストロング構造体」の剛床工法

「剛床工法」とは、根太を設けず床下地合板を厚くして、直接梁材に留め付ける床組み工法です。

木造軸組工法で一般的な「根太床工法」に比べて、地震や台風時に発生する水平力に対して強い造りです。

床の強度が壁面に伝わり、家全体で地震に耐える構造で家屋のねじれを防止し耐震性や耐風性、耐火性能に優れた効果を発揮します。

建替え費用の一部を負担する耐震補償

建築基準法レベル

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体

スーパーストロング構造体の家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

公正で安心できる第三者機関の検査を、
必ず行います。

建てる前に地盤を調査することによる地盤保証付き。
公正中立な第三者機関が建築中の現場を検査し、お客さまの家に対し、当社が住宅瑕疵担保責任保険に加入(JIO)。
工事期間中に「基礎配筋検査」「構造躯体検査」「外装下地検査」を行います。

ハウスジャパンの家づくり

SNS

イベント

資料請求

お問い合わせ