碧南の瓦工場が16区の分譲地へ 2
工場解体ビフォーアフター

すべてのコンテンツ

皆さま、こんにちは。

広報マーケティング担当の福岡です。

今春、瓦工場の広い敷地から16区画の造成地をつくるプロジェクトが始まりました。

ハウスジャパンでは高浜市中心部の区画に次いで、大規模な開発となります。

その「街づくり」の様子を数回に分けて、ドローンや地上からの写真や動画でご紹介したいと思います。

今回はその2回目、解体ビフォーアフターをお伝えいたします。


解体と前後して土地の名前が「スマイルガーデン碧南浜尾」と決まりました。

住む人の笑顔が絶えない街になるようにと思いを込め、トータルプランナー(営業)全員で考えた名前です。

解体の様子をご紹介する前に、皆さまに解体が終わった敷地をお見せしたいと思います。


写真は、上が北西になります。とっても広いです。

こちらが下のように16に区割りされます。


住みやすさ子育てのしやすさなどで魅力の新川地区にあることから、
すでに3件のご成約が決まりました(7月5日現在)。
ありがとうございました。

それでは、順を追ってご紹介いたします。

工場は2階建て、二つの道路に面する部分に建てられた2棟と、その間の細長い部分の3つに分かれていました。

4月3日撮影

1回目のブログでもご紹介しましたが、工場内には機械やブロック、瓦などが残っていたたため、まずは工場内をきれいにするところから始まりました。

この撤去作業に、思いのほか時間がかかったそうです。

工場内が片付くと同時に、屋根、壁を撤去していきます。


2本のレーンがあった部分(写真左下)もきれいになりました(5月23日撮影)

屋根が取れるころには、上の写真のようだった工場1階部分もすっきり(下)。

解体工事が梅雨時期に差し掛かり、スケジュールの遅れが心配されましたが、予定通り作業が進みました。

スタッフの皆さま、ありがとうございました。

屋根が全て取れると、敷地の広さがわかってきます。

工場が建っているときは敷地が詰まって見えましたが(下)、

屋根がなくなると、土地が広く、作業機械がとても小さく見えます。

写真を並べてみました。

同じ構図で写真を比べてみると、一目瞭然ですね。

そして6月末に柱と壁がすべて撤去され、まっさらな土地になりました。

7月5日撮影

周りのお家と比べると、広さがよくわかります。

今回はここまで。

次回は土地の整地や区割り、そしていよいよお家の建築についてご紹介いたします。

お読みくださいまして、ありがとうございました。ぺこり。

こちらのお土地の詳細は↓の土地の名前をクリックし、お進みください。

スマイルガーデン碧南浜尾