セルフメンテナンスに役立つホームケアブック

暮らし・メンテナンス

ハウスジャパンでアフターメンテンナスを担当している中野です。

今回は、お引渡しの時にお渡ししている「HOME CARE BOOK(ホームケアブック)」についてご紹介いたします。

といいますのも、お家が完成し、お引渡しが終わったお客さまからのご依頼で修理やメンテナンスにお伺いするのですが、

「これはお客さまご自身でなさるとお金がかからないのに」

「本の内容を試してみられたら、こんな大きな問題になる前に解決できたのに」

と思うことが増えたからです。

家計の節約になり、日頃のちょっとした気づきや心がけで取り返しのつかないトラブルを回避できる便利本ですので、この場をかりてご紹介をしたいと思います。


目次

  • 1. HOME CARE BOOKとは
  • 2. 初めに手に入れるとよい道具はドライバー
  • 3. 実際にあったトラブル
  • 4. お家の大敵・結露を防ぐ換気
  • 5. おわりに

  • 1. HOME CARE BOOKとは

建築材料や住宅用設備機器を取り扱うLIXIL(リクシル)が20年以上前から発行している、お家のお手入れマニュアル本です。ハウスジャパンが購入し、お家のお引渡しの時に、無料でお客さまにお渡ししています。

お住まいをいつまでも快適で安全に、そして長持ちさせるための方法が絵や図入りで書かれているのでわかりやすいです。

また日別、週別、毎月、半年に1回の頻度で行うとよいことや、お手入れ・補修の一覧表などが掲載さ入れています。


  • 2. 初めに手に入れるとよい道具はドライバー

ここからは、実際にお客さまからご連絡をいただくトラブルで、みなさまご自身で対応しやすいものを、必要な道具と一緒にご紹介いたします。

HOME CARE BOOK(ホームケアブック)」では、たくさん便利な道具が紹介されていますが(P8)、一番必要なのはドライバーです。

室内ドアや玄関ドア、サッシ、網戸を調整するときに必須です。逆に言えば、ドライバー一つでメンテナンスできるところがお家の中にたくさんあります。

P19、P37に調整方法の一部が記載されていますので、一度試してみてください。

このほか、カッター、ほうき、ペンチ、ニッパーなど24種類の道具が一覧になっています。


  • 3. 実際にあったトラブル

皆さまは「お家のトラブル」と聞いて一番に思い出すものは何でしょうか?
私は某CMでも取り上げられていたトイレのつまりを真っ先に思い出します。

深刻な状態になると水が逆流し汚物とともにあふれてしまうなど、見た目も悪く、精神的にもダメージが大きいトラブルの一つかと思います。

これはラバーカップで解決できます。

待ったなしのトラブルなので、お客さまは専門業者に電話をしてしまいがちですが、依頼すると思いがけない費用がかかります。ラバーカップを使ってご自身で対処できれば、出費を抑えることができます。

トイレのつまりは日頃の気付きが大切です。
普段使っていて流れが悪いと感じた時は、薬剤を使って排せつ物やトイレットペーパーなどを溶かして、つまりの原因を解消します。トイレが詰まる前に対処すること大切です。

トイレのつまりのトラブルでお客さまからお電話をいただくことが最近増えました。
お電話をいただいてすぐに弊社の担当がお伺いするのですが、それでも時間は過ぎてしまいます。

お手元にラバーカップがあれば、すぐに解決できる可能性が高まります。


  • 4. お家の大敵・結露を防ぐ換気

結露や換気はお客さまの健康にかかわることです。そして、結露はシミやカビの原因になり、建物を傷めてしまいます。

換気は建築基準法のシックハウス対策で、換気設備が義務付けられています。
トイレ、浴室の換気扇をオンにし、24時間換気をしましょう。
その際、サッシや壁に付いている、給気口を開けてください(P67,P71)


  • 5.おわりに

お引渡しの時にお渡しする便利帳「HOME CARE BOOK(ホームケアブック)」。
一度ご覧になり、快適にお過ごしください。
もちろん、分からないことや困っときは、迷わずCISグループのアフターメンテナンス担当・中野に連絡してください。

0120-92-0086

私・中野はこんな人です。スタッフ紹介ページにお進みください。

ハウスジャパンのアフターメンテナンスについては、こちらからお進みください。

お待ちしております。