資金計画とは?
無理のない予算でマイホームを建てよう!

土地探し・家づくり

皆さま、こんにちは!
トータルプランナー(営業)の朝岡です。

今回は、これからマイホームをご検討される皆さまに向けて、家づくりにおける「資金計画」をテーマにお話しできればと思います。

家づくりを始めようと思い立ったとき、皆さまはまず何から始めますか?

インターネットで検索?

折り込みチラシで情報収集?

住宅展示場(ハウジングセンター)で建物の見学?

などなど。

実は、どれも正解です。

ただし、上記と合わせて最初に必ず行っていただきたいのが、今回のテーマでもある「資金計画」です。

資金計画とは・・・

家づくりにおいての全体の予算を考えたり、「土地・家・諸経費」のうち、どこにどれくらいの予算を使うか、などを計画したりしていくことを言います。

さらに、住宅ローンの仮審査をしたり、毎月やボーナス返済などの支払い額を決めたりしていくことも資金計画に含まれるでしょう。

事前審査 申込用紙

実は、朝岡にお問い合わせくださったお客さまからいただく声としてとても多いのが、「なにから始めたらよいかわからない」です。

そんなときにまず大切なのが「資金計画」をつくることです。

家づくりを始めたばかりの頃は、「考える上での判断基準」がないので、「無理のない資金計画」をもとに、その基準をつくることが必要だと考えています。

それが、「こんな家がたてたいなあ」という夢を現実のものに近づける第一歩になります。

では、具体的な資金計画の考え方をご紹介いたします。

大切なのは「逆算」と「バランス」です。

まず、無理のない住宅ローンの返済額から逆算をして、適正な借入額を算出します。

「毎月返済は8万円で、ボーナス返済は15万円が理想です」
「ボーナス返済は頑張ったら20万円までなら大丈夫かな」
「返済期間は35年で、固定金利より変動金利にしたいと考えてます」

こんな風に決めていきます。

そこで算出した金額に頭金を足したものが、その方にとっての家づくりの総予算となります。

総予算=借入額+頭金」というわけです。

総予算が決まったら「土地・建物(・諸経費)」にどのように分けるか考えていきます。

無理のない計画が大切ですから、なるべく総予算は変えずに「土地と建物に“バランスよく”」割り振ります。

円の話ワークシート

ハウスジャパンではこのようなワークシートを使ってシミュレーションをしていきます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、トータルプランナー(営業)がサポートいたします。

出だしの部分はこんな内容で、
ここから支払いのスケジュール、いつどんなお金を用意すればよいかなど細かく決めたり知っていったりすることになります。
資金計画が具体的になっていくのですね。

最近はインターネットの情報もとても充実していますが、お客さまの中には「たくさん調べすぎて逆にわからなくなってしまった」、というお声もあるようです。

お家づくりのプロから生の声を聞きながら作ってみると、意外と時間の節約になるそうです。

弊社では無理な押し付け営業をせず、お客さまのご希望に応じることをモットーにしています。

ご興味がございましたらお問い合わせくださいませ。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。