理想的な家づくりを目指す土地探しのポイント

土地探し・家づくり
理想的な家づくりを目指す土地探しのポイント

自動車産業などの輸送機器関連産業が盛んである刈谷市は、財政も豊かで全国有数であるとも言われています。そのため、ここで子育てをしたいと考える人も多く、刈谷市で家探しをしている人が多くいるのです。刈谷市に住まいを構えることを考えるのであれば、そこからさらにどのようなエリアに住みたいかを絞り込んでいくことが大切になります。いろいろなポイントから考えてみましょう。

 

家づくりと土地の関係性

憧れのマイホームに求めるものは何でしょうか。間取りや住宅設備、日当たりなど、挙げればきりがないかもしれません。しかし忘れてはならないのが、家は土地の上に建っているということです。つまりマイホームを探すのであれば、まず土地を決める方が先となります。建売住宅だったとしても、間取りや設備はリフォームなどをすれば変更できる点もあります。しかし土地はそこに決めてしまったら、よほどのことがない限り移ることは難しいです。注文住宅で理想の家を建てたいと思っても、時が経てば子供は成長し生活スタイルも変わっていきます。長い先のことを考えた家づくりというのが大切であり、その第一歩が土地選びなのです。

 

理想的な土地とは

では、憧れのマイホームを建てるための理想的な土地とはいったい何でしょう。多くの人がマイホームの土地を選ぶ際に、公共交通機関や生活圏の利便性、学校までの距離を重視すると言います。そして日当たりや土地の広さも重要なポイントです。刈谷市は、名鉄とJRの2路線が市内を走っていて、駅も複数あります。どの駅を最寄り駅にするかは通勤通学で駅を利用する人には大切になるでしょう。車をよく使う人であれば、国道に近いほうが利便性は高くなります。刈谷市は南北に細長い形状をしていて、端から端までは距離もあります。同じ市内であっても、自分たちのライフスタイルにあったエリアを選択することが重要です。

生活をするというのは、昼間だけでなく夜間の周辺状況も大切です。家を建てるときには、日当たりなどを重視しがちですが、周辺の状況も考慮しなければなりません。刈谷市は車の所有率が高く、周辺道路が渋滞を起こしやすい場所もあります。幅広い情報を集めた土地探しをした方がいいでしょう。

 

家づくりに土地が影響する理由

日本では近年大規模な地震が増えています。築年数が浅く、耐震補強がしっかりされている家であっても、土地の液状化にはかなわないことも多いです。刈谷市は周囲に川が流れているエリアが多くみられます。万が一軟弱な地盤に建てられた家は、大きな地震の際には被害が大きくなる可能性もあるので注意が必要です。市の南側は高低差がほとんどなく平坦な土地が広がっていますが、標高が低く地盤も柔らかい傾向があります。北側は緩やかな丘陵地帯ですが、地盤が固く液状化の心配はないとされているのです。

もちろん地盤が柔らかい土地は、家を建てる前にあらかじめ地盤改良を行って対策を取ることは可能です。ただし、その分予算がかかってしまい、住宅設備の予算が削られてしまう可能性も出てきます。マイホームにかけられる予算というのは限られているので、土地と建物両方のことを考える必要があるのです。

特に新しい土地に引っ越してくるという場合、すでに開発が進んでしまっているために、昔の土地の状況は分からないことがほとんどです。一見問題なさそうな土地に見えても、造成する前の土地の状態がわからなければ、本当の価値はわからないでしょう。やはりプロの目でみた土地というのは重要なポイントとなるのです。

土地探しのポイントは

マイホームのためにまずは土地探しをしようと、闇雲に歩き回ってもいい土地は出てこないでしょう。条件がいい土地というのは、当然高値で取引されるため、土地探しのプロが市場に出回る前に目をつけて押さえてしまうからです。土地には相場というものがあり、市場に出回るころにはそのエリアの相場まで価格は上がっています。相場よりも安く手に入れたければ、市場に出回る前に手に入れることが重要で、逆に相場よりも安く市場に出回っているのであれば、何か原因があるということです。

早めに土地探しに動き出した方がいいのはもちろんですが、土地は不動産業者だけが扱っているわけではありません。住宅会社の中にも土地探しをしてくれるところがあります。土地の案件数は不動産会社の方が圧倒的に多くて有利です。不動産業者同士の繋がりもあって情報量が豊富なため、形がよくて条件もいい土地を扱うことに関して長けています。ただ土地だけを先に購入してしまうと、別で建築会社を探す必要が出てくるため、完成までに時間を有することになります。一方、住宅会社は家を建てることが本業なので、扱っている土地の数は少なく、未公開の土地を見つけてくることは難しいでしょう。しかし土地と建物をセットにして考えることができるため、プランの相談がしやすく、予算が立てやすく工期も短いというメリットがあります。

 

理想的な家づくりのために

では理想的な家を作るためには、不動産会社と住宅会社のどちらがいいのでしょうか。不動産会社で豊富な案件から、日当たりがよくて利便性もいいお気に入りの土地を選ぶことは可能です。その場合、今度は家を建ててくれる住宅会社を一から探さなければなりません。土地のローンが先に始まってしまったり、土地の形状によっては希望の間取りにはできない可能性もあります。間取り重視で住宅会社に頼めば、工期は短くて手間も少なくて済む反面、少ない土地の中から選ばなければならない可能性はあり、ひょっとしたらなかなか思うような土地が見つからないということもあります。

どちらか一方を選んでマイホームを建てるということは、一生ものの買い物としてはリスクが高いと感じる人も多く、土地探しから行う注文住宅に二の足を踏んでしまう人は少なくないのです。出来れば理想的な家づくりのためには、どちらの条件もクリア出来ることが大切になってくるのですが、そういったことは可能なのでしょうか。

 

お願いするなら土地も扱える住宅会社

実はこういった理想の家づくりを叶えるための住宅会社というのは存在します。不動産部門と住宅建設部門の両方を兼ね備えている会社なら、豊富な土地の中からの土地選びと、注文住宅で理想の家づくりという両方を叶えることが可能なのです。条件のいい土地というのは、地域に密着した業者でないとなかなか見つけることは出来ません。日頃からアンテナを張り、近隣の人からの情報をもとに土地は探すことが大切なのです。

もし刈谷市でこういった理想の家づくりを叶えたいというのであれば、ハウスジャパンに相談してみるといいでしょう。ハウスジャパンは刈谷市を始めとした西三河で長い間不動産業を営み、理想の家づくりに携わってきました。非公開の土地情報もあり、土地に合わせた設計プランを一緒に考えていくこともできます。例えば南向きでない土地は家づくりには合わないと考えるのではなく、窓などの採光を工夫することで、明るく住みやすい間取りを実現するといった提案をするのがハウスジャパンです。

土地と住宅プランをセットに考えることで、予算に合わせた妥協のない理想の家づくりへ近づくことが可能となります。何かを我慢するのではなく、多くの工夫やプランの中から一緒に考えていくのが理想の家づくりなのです。

 

まとめ

理想の家づくりに求めるものは何でしょうか。利便性がよくて日当たりのいい土地、又は間取りや設備という人もいるでしょう。しかし出来ればどれも手に入れたいのが本音です。それならば、土地探しと家づくりを一緒に進めていける住宅会社を選ぶことが大切です。もし刈谷市で理想の家づくりを目指すのであれば、西三河で長く不動産業と家づくりをしてきたハウスジャパンに相談してみてはいかがでしょうか?