刈谷市の土地探し!相場やチェックポイントは?

土地探し・家づくり
刈谷市の土地探し!相場やチェックポイントは?

刈谷市で家を建てる場合に限ったことではありませんが、土地というのは家を建築する際の大元になりますし、土地の状態が不動産の価値を大きく左右します。

そのため、良い土地を探すことは丈夫な家を建築する事のみならず、将来のためにもとても大切なことです。

ここでは良い土地を探すためにチェックしておきたいポイントについて解説していきます。

 

そもそも土地を探す方法とは?

土地を探す際にはどのように探せばいいかをあらかじめ知っておくことが重要です。闇雲に探したとしても本当に良い土地というものは見つけることができません。

とはいえ、いきなり不動産会社に駆け込むこともあまりお勧めできる方法とはいえません。不動産会社に駆け込む前に土地について自分なりに色々と調べておきましょう。

刈谷市の物件情報を集める方法には実際に不動産会社を訪れたり、駅などで自由に持って帰ることができる広告や、新聞の折り込みチラシなどいろいろなものがありますが、インターネットの不動産情報を細かくチェックすることも効率的に旬の物件をチェックする事が出来ます。

紙面の情報だとチェックしたときにはすでにその物件が売約済みだったりすることもありますが、インターネット上の物件はリアルタイムで更新できるので、そのような事は少ないです。

 

土地探しを始める前!最低限必要な準備とは?

土地を調べる前に真っ先にやっておかなければならないことが予算の設定です。家を購入すると、長期的に住宅ローンを返済していくことになります。

ローンの返済が出来なくなると最悪の場合、せっかく購入した家を手放さなければならなくなるため、これ以上は出せないという金額を設定し、その金額以上のお金はどんなに良い物件が見つかっても決して出さないようにしてください。

そして、注文住宅を購入する際に忘れがちなのが、費用は土地代だけではなく建物の費用も必要だという事です。全ての予算の中から、いくら土地にかけられるかをあらかじめ知っておかなければ思わぬ出費が発生し、予算オーバーという事にもなりかねません。

また、土地には色々な制約がかかっている場所があることも知っておかなければいけません。例えば観光地に近い場所などは景観を守るために建築する住宅に色々な制約が課せられる場合があり、自分が思い描いているような建物が建築できないことがあります。

また建ぺい率もとても重要です。建ぺい率とは、その土地の中の建築面積をどれくらい確保できるかを表す数字で、例えば50坪の土地の建ぺい率が50パーセントだった場合は、建築できる建物の敷地面積は25坪が上限ということになります。なるべく建ぺい率の大きい土地を探した方が自分の希望する住居を建築しやすいのは言うまでもありません。

その他にもいろいろと細かい条件が土地にはあります。自分が希望する住居を建築する際に土地の条件が枷とならないか、一つ一つチェックしておきましょう。

 

チェックすべきポイント① 土地周辺の環境

土地を購入する時だけではありませんが、なんといってもこれから住むことになる場所の周辺環境をしっかりとチェックしておくことはとても重要です。

賃貸であれば周辺環境があまり良くないと感じても簡単に別の場所に住めますが、土地を買い、建物を建築すると簡単に場所を変えることはできません。

そして、立地条件が良い土地というのは時間が経過しても価値が下がるようなことがありません。財産の面から考慮しても周辺環境が良い場所を見つけるということは重要になってきます。

周辺環境が良いかを大きく左右するのが交通の利便性です。駅が近い場所は通勤や通学にとても便利ですし、駅周辺には自然とスーパーや銀行、病院など生活するうえで必要となる施設が集まってきます。ただし駅に近い土地は価格が高い傾向にあるので、自分が設定した予算は超えないようにすることが大切です。

またお子さんが居るご家庭の場合は学校や幼稚園、そして公園などが近くにあるとなにかと便利です。家族の現状によって必要とする施設は異なるので、どういった施設が近所にあると便利か家族で相談しましょう。

最後に周辺環境をチェックする上で重要なのが、実際に自分たちの足で周辺を歩いてみる、という事です。

地図などでどういった施設があるかどうかは簡単に確認できますが。実際の雰囲気などは自分の目で確かめなければ確認できません。

 

チェックすべきポイント② 隣の状況と日当たり

土地の周辺環境をチェックする事も重要ですが、自分が購入しようとしている土地の隣近所の環境を調べることも大切です。

例えば、隣が空き地の場合、現在は建物が建っていなくても土地を売り出し中で、今後建物が建築される場合があります。

もしも建築されるのが高いマンションだった場合、日当たりは今よりも大きく変化します。隣が空き地の場合は今後何らかの建物が建築される予定なのかどうか、しっかりとチェックしておきましょう。

既に建物が建築されている場合は、その建物が日光を遮るような大きなものでないかの確認が必要です。建物によって日光がさえぎられると室内全体が暗くなるため陰湿な雰囲気になります。

また、風通しが良いかどうかも日当たりと同じくらい重要です。風通しが良い家は夏場は涼しく過ごせますし、なんといっても湿気が溜まらないので建物の老朽化を防ぐことができ、カビなども発生しにくいです。

日当たりや風通しは建物がさえぎらない角地が良いと一般的には言われていますが、角地でない場合も十分に日当たりが良く、風通しも良い土地はたくさんあります。

日当たりや風通しは図面上ではチェックできない部分です。先程の周辺環境をチェックするときと併せて実際に土地を見に行くときに確認しましょう。

 

チェックすべきポイント③ 土地に接する道路

土地を探す際にチェックをし忘れがちなのが土地に隣接している道路です。道路にも土地と同様様々な条件や制約が設けられている場合があります。

道路をチェックする際に最も重要となるのが土地と隣接している道路の幅です。道路の幅は広ければ広いほど制約なしで建物を建築することができ、一定以下の幅の場合はその幅に応じて制約が課せられます。

例えば道路の幅が2メートル未満の場合、その土地には建物自体を建築することができません。

道路の幅が2メートル以上であれば、建物は建築できますが、4メートル未満の場合は「セットバック」という別の制約が課せられます。

これは建物の土地を提供することによって道路の幅を4メートルにするという方法です。

道路として提供した分は道路とみなされるため、自分の土地はその分削られることとなります。極力道路の幅が4メートル以上の土地を見つけておきたいところです。

もう1つ道路をチェックする際に重要となるのがその道路が公道か私道か、または都市計画道路のいずれに当てはまるかについてです。

そして、それ以上に重要なのが、隣接する道路が建築基準法で道路として認定されているかどうかです。その道路が建築基準法で認定されている道路でない場合は、建物を建築することができません。

 

刈谷市の土地相場も知っておきましょう

土地探しをする際には下準備として、実際に住もうとする場所の土地相場をチェックしておくことが重要だということは先に解説しました。

では、愛知県刈谷市の土地相場は現在どのような状況になっているのでしょうか。

その土地がどれくらいの相場なのかについては、インターネットの不動産情報などでもおおよその額を確認できます。

いくつかの情報を確認し、愛知県刈谷市の現在の土地相場を調べて把握しておきましょう。

 

まとめ

刈谷市で土地を購入し、住宅を建てる場合、まずは予算を選定したうえで、相場を確認してから実際に物件探しを始めるようにしましょう。

物件はインターネットの不動産情報サイトを活用すると便利です。

そして、周辺環境や隣の状況については実際に現場に行ってみないと分からないので、自分の足でチェックする方法をオススメします。