【リポート】鉄骨現場見学ブログ!第1回!

土地探し・家づくり

 💡  鉄骨現場見学ブログ!第1回!  💡 

と、いうことで始まりました。
私、大橋による鉄骨現場見学ブログです。(そのまま

ハウスジャパンでは今、鉄骨の建築を施工しております!
せっかくなので、できあがるまでをブログでご紹介したいと思いまっす(^o^)丿

 

今回はいきなり派手に建物のシルエットが立ち上がる建方(たてかた)を見ていきます!
それでは見学にレッツ・ゴーヽ(^^)

 

151020_o_写真1

まずは足場が建っています。
このあと2日間かけて鉄骨をクレーンで運び、組んでいきます。

 

151020_o_写真2
徐々に組み上がってきました~

 

151020_o_写真3

2階の床の骨組みができ、床をつくる為のデッキプレートが並べられています。
鉄骨の柱 → 2階の梁 → 階段 → 3階の梁 → 階段・・・というように進んでいきます。

下から順番に組んでいくという点では在来軸組工法の上棟と同じです♪

上棟時には大変だったそうで、

「敷地いっぱいに建物があるのでクレーン車が入れず、
角地なので交通量が多かったこともあって
交通整理が一番大変だった・・・」

と工務担当の甲部。
本当にご苦労様でした!

実際に私が見に行っているときも
何度か交通人の進行をとめて作業していることがありました。
近隣の方々にもご迷惑をお掛けしているわけですし、
そのあたりの気苦労なんかもあったのかもしれませんね。

 

151020_o_写真4

私が現場に見に行ったのは2日目でした。
ちょうど最後の鉄骨をクレーンで敷地内に吊って入れるところでした。

セ、セーフ(^_^;)

 

必ずヘルメットを着用とのことでヘルメットを被っていましたが、
鉄骨が頭上を通過するときは、正直怖かったです。

でも2日間も活躍したクレーンもきょうで最後!
おつかれさま~☆

 

151020_o_写真5

柱の柱脚はアンカーボルトでしっかり止められています。
これのおかげで13階まで伸びる柱も
自立して立っていられるらしいです!
すごい!

 

151020_o_写真6

柱に梁を全部接合して
だいぶ建物のシルエットがわかるようになったところで今日は終了~

明日は床にデッキプレートを敷く作業があったりするそうです。
どんどん形になっていくのが面白くなってきます(^◇^)

次回は床をつくる作業や、着工時を振り返ってみます!
乞うご期待!!